人を好きになるというパワー

Last update:2014/9/17

「好きになる」

最近、恋愛心理学の本を読んでみた。恋愛心理学の本では、人の印象は「短所→長所」と紹介するより、「長所→短所」と紹介したほうがいい印象を持ちやすいと書かれていた。

そのため、人に好きになってもらうためにはまず、自分の長所をアピールしていくとうまくいくのでは?とのこと。

ただ、経験から言うと、その反対のパターンも意外と多いのではないかと思う。

まずは知って貰うことから始めるのだが・・・

最初は「何この人・・・」と思っていた人でも、必然的にある一定期間付き合っていると、自然とその人の本質が見えてくる。

そうすると、初めはマイナスイメージだった性格の中にも、実は良い部分があるなど、後からいいところが見えることがある。

すると、「この人にはこんな所もあるんだ」と意外な発見をした気持ちになり、そしていつのまに好きになっていたりもする。
この時、流れとしては「BAD→GOOD編」となる。しかし、いい部分が前面に出ていると、意外な一面を知った時は「GOOD→BAD編」になってしまう。

この法則に気付いてからは、初対面の人にもありのままの自分で接するようになった。おそらくこれは、異性でも同性でも好きになる構造は同じなのではないだろうか。

ありのままの自分を、好きになってくれる人は好きになってくれるだろうし、そうじゃない人は好きになってくれないだろう。

でも、自分を飾ったときにでも同じことは起こるものなので、どうせ同じならば飾らない本当の自分を見て欲しいと、少なくとも私は思う。


注目サイト

Last update:2015/2/10