相手を知り、自分を伝えること

2014/9/17 更新

好きになってもらうには

誰でも、好きな人が出来たらその相手にも好きになってほしいと考えるものだろう。最初は見ているだけでいいと思っても、だんだんと欲求が膨らんでくる。

片思いの時には、とにかく相手に好きになってもらいたいという気持ちが強くなる。

どうやったら相手に好きになってもらえるのか、それはずばり、相手に自分の気持ちに気づかせるということが一番の近道なのではないだろうか。

気をつけることは、あくまでも「悟らせる」ということ。相手に自分の気持ちを悟らせたら、逆に今度は相手もあなたを気にするようになる。

そして、ここからが勝負。

今度は相手にも頻繁に見られるようになる。ここで気をつけなくてはならないのは、相手はまだ「好き」になっているとは限らないということだ。ただ単純に気にしているだけということも考えられる。

意識して貰うことが第一歩

相手に気にしてもらえるようになったら、後は自分次第だ。相手に合わせて無理するのはあまりオススメできないだろうが、少しくらいの演出は時によっては必要かもしれないね。

ただ、あまり無理をすると、せっかく好きになってもらえても、やっぱり違うと相手が感じた時点で離れていってしまったり、無理をしていて自分が疲れてしまったりするので結局ダメになってしまうというケースが多々あるようだ。

そうはいっても、相手が見てくれている時期は、相手があなたにチャンスを与えてくれている時なのだ。そんな時は、重くならない程度に頑張った方が、最終的にどんな結果になっても後悔は少ないはずだ。
無理をしない程度に、自分なりに頑張ってみてはいかがだろうか。