恋に強い、上手い人になる!

Last update:2014/9/17

恋愛上手になる

あなたが最大限の魅力を相手にアピールできるようになるために、心理学的な部分から何点かあげてみよう。 まず、相手の目をよく見ましょう。

一見当たり前すぎるように見えつが、意外と出来ていないことなのだ。相手の目を見ることは、クセとして身についていることが往々にしてありますので、人の目を見る人は見ますし、ついヨソを向いてしまう人は終日ずっとヨソを向いてしまうといえる。

相手の目を見るというのは、基本中の基本なのだが、実は奥義みたいなものともいえるので、意識的に努力をして習慣化していく価値が十分にある。

あなたが、力まずにまっすぐに相手の目を見るようになって、相手の視線を静かに受け止められる人になった時、あなたの好感度はかなり上がるだろう。


人の目を見て話すコト

また、相手の目を見ることは、意外と勇気のいることだ。自分に臆病な部分があると、つい目をそらしてしまう。

そこをうまく利用して、相手の目を見る習慣をつけていく中で、そういった臆病な部分を自覚することができる。それにより自分の弱さに気付くことができる。


人は以外と”足”と”足下”を見る
ちなみに、あなたの爪先はどうだろうか。
爪先は、話をしている相手の方に向かっているだろうか?

爪先が別の方向を向いていると、どんなに楽しく話をしていても、全く聞いていないように見えてしまうのだ。そういった細かい部分にも気を配ってみると良いかもしれない。

相手との距離を縮めるということについて見てみよう。

例えば、街を歩くカップルを観察してみよう。

カップルたちは、およそ50cmぐらいの距離を歩いていることが多い。 これが、友人同士の関係になると、およそ1mくらいの距離になる。そして2m以上離れている時は、社会的距離という、個人の親交ではなく、例えば来客と打ち合わせするときの距離となる。

つまり、お互いの物理的な距離が離れていると、相手とは仲良くなれないということだ。

距離を縮めるタイミングは、会話の途中などで笑ってほぐれた瞬間などが良い。

また、席に座るときには、真正面を避けて、横か、テーブルの角をはさむような形で直角隣の席に座ると良いだろう。このように、自然に距離を詰めることによって、自然と親密なムードになってくるのだ。

また、相手の名前をきちんと呼ぶことも非常に有効だ。名前とはその人だけが持つもので、個人の人格に呼びかけを行うという最初のキーワードになる。

そのため、名前で話しかけるということは、相手の人格に話しかける際の最大の礼儀となる。そして、相手を名前で呼びかけるということは、その相手の心にしっかり届く。

名前えで呼ぶということを意識的に増やしていくことで、今以上に実体のあるコミュニケーションができるようになるだろう。


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_M/script/randlink.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/cta96c4r/platinumonedesigns.com/inc/randlink.php on line 12