離れるから追う、近づくから離れる「恋」


2014/9/17 更新

追うモノと追われるモノ

恋愛において、陥りがちな「追われると逃げたくなる」といった状態について見てみることにしよう。それは

「焦っている」ということ。

焦っている人にはあまり魅力を感じないものだね。焦っているということが表に出てしまっているからだ。

「焦っている=必死=彼女欲しいオーラが出てしまう」という公式が成り立ち、その時点で女の子は引いてしまうのだ。

気持ちとは裏腹に、届かない心、言葉

彼女が欲しいけど出来ない人は、まず焦りをなくすことだ。

これが一番の近道。焦っている人に対しては、なかなか警戒心を解くことが出来ないだろう。その結果、仲良くなれないばかりか、付き合う段階まで気持ちが傾かないだろう。

では、具体的にどうすれば良いのだろうか。

決して簡単なことではないだろうが、まずは恋人を作ること以外に打ち込める何かを見つけること。

何かに熱中している人はとても魅力的だ。そんなの思いつかない、という方は、内心焦っていてもそれを表面に出さないことができればいいね。

そうはいっても、自分では焦りが出ているかどうかわからないものだろう。個人的な意見になるが、焦りが見える男性の多くに共通することのひとつに、一方的な押しが強すぎるということがある。

たとえば、メールアドレスを交換する時、相手のアドレスをその場で何としても教えてもらおうとする人。また、アドレスが分かったところで、頻繁にメールを送信する人だ。これでは完全に焦りが見えてしまう。

逆に、この人のやり方はうまいな、と思ったのは、自分のアドレスだけを教えて女の子のアドレスを聞かないというテクニックだ。

この時、女の子のアドレスを聞かないので焦っている感じには全く見えないだろうし、女の子がアドレスを教えていいと思ったときに、女の子側からメールを送ってくれる。

ネットでもリアルでも、「連絡先を教えて!」と迫られるのは、女の子が警戒する行動の一つだ。まずはゆっくり焦らずに、仲良くなる段階を踏むことから始めてみよう。