気を向け合って確かめ合う”相手の心”

 

2014/9/17 更新

その気にさせる方法を格言から学ぶ
虎穴にいらずんば?

孫子の有名な言葉に「敵を知り己を知れば、百戦危うからず」というものがある。

簡単に言えば、「相手のことも自分のことも知れば、100%負けない」 という意味だ。
でも、心理学的に恋愛を考える時には、実はこの言葉が必ずしも当てはまるとは言えないのだ。

まずは自分のことをよく知ろう。相手を知るのは口説きながらでもかまわない。

これは、心理学用語で 「自己認知」「自己認識」 と言われている。簡単に言えば、「自分を知る=自分のすべてを認めること」なのだ。

認めるということは、自分のありとあらゆることすべてを最高のものであると思えること。

つまり、自分をプラスに捉えるということだ。

でも、これは容易なことではない。いきなり自分のことをすべて認めようという気には、なかなかなれないことだろう。誰でも自分のことについて許せないと思っているところもあると思われる。

そこで、さしあたってすべてのうち一つを認めることからはじめてみよう。
それは比較的効果の高い方法の一つ、「自分の気持ちを認めること」だ。

例えば、「あの人が好き」 というあなたの一途な想い。その気持ちを全面的に肯定し、少しずつ増幅してみよう。決して押さえ込んではいけないと思うこと。それは何よりも強い原動力になる。

そして、相手の良い部分に気づいたら、さらにそのことについて気持ちを増やしてみよう。

その気持ちを、ありのまま、好きな相手に伝えれば良いのだ。「優しいね」「目がキレイだね」など、本当に思っていることをストレートに言葉にしてみよう。



自分の気持ちを相手に伝えること、それが「口説く」ということだ。

必ず会う度に、一度は本当に思っていることを口にしよう。そうすると、自然と相手も心を開いてくれるでしょう。
もしうまくいかなかったら、それはあなたと相手の波長が合っていないということだと言えるだろう。

自分の感情を認めて、それを相手に素直に伝えること、これが実は遠いようで一番の近道なのだ。