こまめなメール返信が相手の心を掴む

メールの返事を増やす方法

気になる人や好きな人とちょっとでもつながっていられたら嬉しい。そんな気持ち、誰でも抱いているはず。
そして今は、携帯メールも普及して、多くの方がメールアドレスを持っている。
好きな人にメールを送ると、返信が待ち遠しくてたまらないものだ。すぐに来ないときには「忙しいのかな?」と思って待っていられるが、何日も音沙汰ないと「嫌われちゃった?」「何か変なこと書いちゃった?」なんていろいろ考えてしまう。

不思議と、そんな時には悪い方に考えが進んでいきがちで、ヤキモキしながらメールを待つなんてことに。
よくあるのが、最初は頻繁に返事が来ていたのに、だんだんメールの間隔があいてしまうというパターンだ。
頻繁にメールのやりとりをしているとだんだん話題も少なくなってきて、それでも始めは相手に気をつかって一生懸命書いたりするが、だんだん気をつかっていることに疲れてしまう。
とはいえ、メールだけでもせめて繋がっていたいというのが本音かもしれない。そんな時はどうしたらいいのだろうか。
例えば、相手が返事しやすいメールを送るというのはどうだdろうか。自分のことばかりが書かれているメールや、特に内容がないメールなどでは、返事をしようとしても内容を考えるのが大変だ。


返事をする側から考えると、あいづちを打つだけでは悪い気もするし、だからといって自分のことで特に書くことがないと、その時点で特別返信しなくてもいいメールであると考えられてしまう。

そこで、自分のことを書きながらも、さりげなく相手に質問を投げかけてみよう。
例えば、「私(僕)は洋画が好きなんだけど、○○さんはどんな映画が好き?」「今日はちょっと寒かったね。もうコタツは出した?」など、どんな内容でもかまわない。

相手が返事を書こうと思ったとき、内容を考えなくてもさっと返事が出せるようなメールを書くことが一番大切だ。あなたをモテるためのテクニックをたぷり教えますよここへ!

逆に、避けたいのは、「絶対に返事ください」などのように返事を強要する言葉だ。この言葉があるだけでかなり負担を感じてしまうので、あまり使わない方がいい。

また、なかなか返事が来ない時に「返事をくれないのはどうして?」などと思い詰めた質問をしたくなる気持ちも分かるが、これもタブーだ。付き合ってもいない相手からそのような質問をされると相手はひいてしまう。

音沙汰がなくてどうしても不安になった時は、何気ないメールを送ってみよう。相手が返事をしやすい軽い感じの内容がベターだ。